テレビ出張授業れんらくちょう

岡崎市立竜谷小学校に行ってきました!

朝の冷え込みも徐々に厳しくなってきた11月28日(月)、岡崎市立竜谷小学校に後藤克幸解説委員と宮部和裕アナウンサーがお邪魔しました晴れ

竜谷小学校は、明治時代に開校した、とても歴史のある小学校。校長室には歴代の校長先生の写真が飾られていました。そして、こんなおもてなしも!

玄関、そして教室に「ようこそ竜谷小へ」の文字が!この時点で我々、既にテンションが上がっております。今回は4年生を対象に「マスコミをもっと知ろう」「災害におけるマスコミの役割」の授業を行いました。

まずは後藤解説委員による「マスコミをもっと知ろう」の授業。

まずはどんなマスコミがあるか、みんなで意見を出し合いました。竜谷小のみんなはとても元気良くあいさつをしてくれ、そして一生懸命メモを取ってくれます。

そして手も良く挙がります。自分の意見をしっかり言えるみんな、素敵です。そして、一通り意見を出し終えたら、次はグループ分けをしました。

マスコミと一口に言っても、それは色々あって、更に色んなくくり方でグループに分けられるけれど、大切なのはその特徴を知って、上手に使いこなす力。世の中にあふれる情報の中で、その情報が信頼できるのか、それとも信頼できないのかを判断して使いこなす力が大切なのです。

そして、次の時間は宮部アナによる「災害におけるマスコミの役割」の授業。

宮部アナの名前の漢字には全て「口」が入っている、それはお祖父さんが「自分の意見をしっかり言える子になる様に」という思いでつけてくれたそうです。

みんなも大きな身振り手振りをして、話してくれました。そうすると自然と感情が入ってくるよね。

そしてその後は、5年前の東日本大震災の映像を見て、津波の恐ろしさを改めて感じてもらったり、緊急地震速報や台風の事についても勉強しました。

今日の勉強を活かして、万が一、災害が起きても、自分たちが生き延びるために、情報を読み解く力をぜひ身につけて下さいねexclamation×2最後にみんなで記念撮影カメラ

 

という事で、次はあなたの学校にお邪魔します。

「CBCテレビ出張授業」、ただいま絶賛募集中です。

ご応募はこちらから